すきなもの。すきなことだけをたらたらんと。


すきなはずのものが義務になるのはもう厭で
すきなはずのものが枷になるのも、もう厭で
ただただ、キラキラした時間を 溢れるような光を
自分の上空から降る音を、声を
そのキラメキを感じたいだけなのに。

苦しいのも、切ないのも、とめどなく押し寄せる
不安も、憎悪も、しがらみも、鬱陶しいまでの欺瞞に満ちた
愛想笑いも、もう沢山。

あたしはあたしに還って
ただ、そうっと息をしていたいだけ。